製品・技術

製品・技術

まだ試作機で検証しつつ知財活動を行っている段階で、2022年に販売にむけた装置を作製する予定です。

装置を作って販売したいという気持ちはあるのですが、次々と生まれるアイデアで特許を取得していく活動が面白すぎて、引き続き知財活動に集中しております。装置の販売までしばらくお待ちください。
弊社の知財に興味があり装置を作製できる企業様、お気軽にお問い合わせください!

テープ巻付機1

細い電線に、テープ巻付機でテープを螺旋巻きしようとすると発生する
・電線が振り回されて、テープがシワだらけになる
・電線がねじれる
・回転する部分の切欠きに、電線が噛み込む
上記の問題を解消しました。

テープ巻付機2

様々なタイプのチューブ端末の固定のためのテープ巻付が可能です。

 

チューブ切断機1

従来、簡易な機構で良好な切断面を得ることがむずかしかった種類のチューブを簡単にきれいに切断できます。

チューブ切断機2

チューブは長手方向に送り出しながら切るものだという思い込みがありましたが、
切欠きから、支持する部分にのせてスイッチを押すだけで、簡単きれいに切断できます。
この方法を使えば、太さが一定でないグロメットなども切断できます。

 

収穫装置のエンドエフェクタ1
収穫ハンドの機構の説明(果柄を切る、掴む、二度切り)

・開閉する部分がないので、周りの茎や実を傷つけません。
・切断しながら茎を掴むことができる新しい機構で、実に触れずに収穫が可能になります。
・掴んで凹んだ部分の果柄を切り落とすことも出来ます。(一回の動作で二度切り)

収穫装置のエンドエフェクタ2
収穫ハンドの機構の説明(果実を傷つけずに掴む)
簡単な機構で、果実が傷つかない様に弱く”果実”をつかむことができます。